10日間の関東ツアーを終えて兵庫に帰って来ました。

ライブとお手当の講座、占星術のセッションといろんな場所でいろんなことをしていました。

今回、すべての時間において

うまくいくとかいかないとかっていうところと向き合ってました。

カウンセリングをしていても、お手当でからだが覚えている記憶にしても

相手とのやり取りの中でみえてくる。

 

うまくいかないときどうしたらいいんだろう

どうしたらうまくいくんだろう

 

っていう想い。

 

わたしの感覚としては

起こる出来事すべて、用意されちゃっていて

意味なんて全然ない。

 

うまくいくとかいかないとかって

観察してみると

 

欲しい形で手に入るか入らないか

 

ってだけだなとわかった。

 

で、欲しい形では手に入ってないかもしれないけれど

欲しがってるものは手に入ってるってこと。

 

(7月8日の秩父おがのゲストハウスでのライブにて。オーナーらぶちゃんお手製ビーガンケーキ◎)

 

そうだな、甘いもの食べてほっとしたい

 

とすれば

 

甘いもの、と、ホッとしたい

は手に入ってる。

 

でもそれをケーキで手に入れたかったけどチョコレートで手に入れた

 

でもほんとうはケーキで満たしたかったら満足いかない

 

ような状態。

 

 

なんでチョコレートなんだ!ケーキがほしかったのに!って。

 

細かくオーダーしないとそうなるんだけど

 

ケーキは必要じゃなかった

チョコレートが必要だった

もしくはケーキがきたら困る状況だった(お皿とフォークも用意しなきゃいけないしほんとうにきたらめんどくさい、とか。笑)

 

 

 

 

で、うまくいかないとどれだけもがいたって

だいたい、自分のオーダー通りだし

 

その出来事がその欲しい形でうまく手に入る必要がなかった。笑

 

(おがのゲストハウスのリビング。広々としていて外は緑と空。うたっててきもちよかった〜)

 

 

<起こることすべて、わたしをしあわせにしか導かない>

という設定で生きているので

(決めちゃえばいいんだよ。笑)

 

思う形で手に入らなかったことはそれはそれとする。

 

でも大事にしなきゃいけないのはそのとき湧いた気持ち。

 

必要なかったんだろうけど別問題で

 

かなしいとかつらいとか悔しいとかいろいろ感じる。

 

それはそのまますくいあげてしっかり感じてあげたほうがいいなあって思う。

 

その感情にいろんなヒントが隠されてる。

 

それを感じたくて起きた出来事。

しかもちょっとハード出来事だとしたら、それくらいのことがないと動かなかった感情。

 

そう、傷つくとか傷つけるとかってことも

 

心がうごく、とか動かされる

 

ってことなんだなあって気づいた。

 

その必要があったってこと。

 

だから、大事なのって実はその物事への善悪よりも

 

なにを感じたかったのかな、どうしたかったのかな

っていう自分に出会うことなのかもしれないね。

 

自分に対しても誰かに対しても

善悪ではかってしまったほうが簡単だからどうしてもそうしがちだけれど

案外一番無責任で失礼なこと。

 

だいたい、誰かに対して<悪>としたいこと、って自分の中にもあることだしね。笑

 

悪としたいと思った時は、いつもいつもそんな自分の中のカケラに出会うチャンス。

 

うまくいかない、っておもうときもそう。

 

どうしてそれをうまくいかないって思うのかなって。

 

思う存分ギャーギャー泣いてわめいたら、次の瞬間

 

ああ、自分で思ってたよりはるかにうまくいってたんだ

 

ってわかったりする。

(これは中継地点、雨上がりの鎌倉極楽寺。早朝の江ノ電は絵になる風景)

 

そして、占星術のセッションではそれぞれのそういうところと結構向き合う。

わたしのセッションは一般的な占星術のセッションとはちょっとちがって

 

カウンセリングのなかに占星術を取り入れてすすめていく。

 

天体と星座の特徴やキーワードを読み解いていくと

そのひとの性質がみえてくる。

 

そして、こういうところがうまくいかない悩んでるっておはなししてくれるのに対して

どんな星のもとに生まれて来てるのかなっていう性質を織り交ぜると

 

ああ、仕方なかったんだ

 

って気づく。と同時に

 

ちがうアプローチのほうが合うよね

じぶんの性質に合わない形を欲しがってたよね

 

っていうのがわかってくる。

 

(ライブ後、ゲストハウスで急遽小商いワークショップ。みんなで好きなもの、魅力、才能を掘っていきました。ゲストハウスは出会いの化学反応がたのしいい)

 

セッションをしていておもうんだけどそういう

いままで自分が嫌だ!って思っていところは

 

だいたい、お金を産む。笑

 

すごく重要で愛おしい部分。

 

それを上手に使っていこうよ

って話になる。

 

点と点がつながった

安心した

視界が広がった

希望がもてた

 

って言ってもらえるのは自分の中でいままで嫌ってた自分からの声だろうなあってわたしも嬉しくなる。

 

わたしだって、

 

双極性で

ものごとつづかなくて

すぐガス欠になって

上がり下がりの激しい自分

 

大っ嫌いだったけど

そこと仲良くし始めたら今のかたちになっていった。

 

 

うまくいくとかいかないとか

 

って、ほんと、じつはあるようでなくて

 

ただただ

自分に合ったカタチ

自分に必要なカタチを

模索して手に入れてあげられるかどうか

 

そのためのヒントなのかもしれないね。

 

(友達のお父さんが守り抜いているスギゴケ)

静岡でお手当の会

町田と秩父でライブ、そして占星術のセッションを二件終えて

秩父から京都へ。

2人の大きな人生の節目に触れていろいろ物思いにふけっていたら
気づけば休憩もとらず7時間近くぶっ通しで運転してました。

中央道ルート山と大きな虹がきれいだった。

降りたらみんな関西弁でワープ感半端ない。笑

 

京都はいつも年末年始お正月を過ごす友達の実家に。
(年末年始、親戚に混ざる笑)

「突然でもいつでもおいでね」
「おかえり」「いってらっしゃい」

ってみんな迎えてくれてうれしい。

ビールとキーマカレーを出してくれて
大好きなお父さんと乾杯して今日もお父さんのマイブームの話しを聞く。

愛おしそうに庭のスギゴケの胞子体の話を写真付きでしてくれるのがまた愛おしい。

 

旅中もいろんなところで仕事させてもらいつつ遊ばせてもらいつつ

「次回は二泊三泊ゆっくりしてってねー」

って言われてそんな風にしてたら家がなくても暮らしてしまえそうなほど

いろんなところに家族が点在してて嬉しくなる。

みんなにめちゃくちゃ愛されてる、って泣けて来る。

友達のお父さんが食後に出してくれたメロン、食べやすく切れ目が入っててこういうちいさなことに

大事にされてるんだなあってまた泣けてくる。

 

大人になってからこうやって安心していられる場所が自分のおうちを始めたくさんあってしあわせもんだ。

 

ゲストハウスでひいたオラクルカードは
「クリエイト、創造」

家族も働き方も多様な人間関係も

どんどんクリエイトしていこう◎

 

そして、神戸でセッションをおえて帰宅しました。

 

出会えたみなさま、交れたみなさま、ほんとうにありがとうございました◎

 

 

来週末は徳島です!

お申込みおまちしています◎