レタスがおいしい。

毎週配達してくれる松崎農場のレタスをちぎってむしゃむしゃ食べてたら

「かあちゃん何食べてるの?」

とこどもたち。

台所から食べる音だけ聞こえてくるから妖怪レタスババアみたいになってたはず。

おいしいんだから、とレタスババアから差し出されたレタスを食べた子どもたち

「!?おいしーーーーい!!あまーーーーい!!レタスって甘いんだ!」

って感動。

自分が作ったわけじゃないのにドヤ顔のレタスババア。笑

昔、高原野菜の農家バイトをしてたときにおやつはレタスだったんだけど
その日とれたのと前日とれたので味が全然違うのを思い出した。

ほんとはこんなに美味しいのに美味しいの食べたことないから嫌いになっちゃう食べものっていっぱいあるんだろうな。

別日にいただいた牛尾農場のレタスは炒めても美味しいということで

厚揚げとズッキーニとバター醤油炒めにしたり

強火でニンニクとサッと炒めて塩胡椒だけでシンプルに味付けたり

妖怪レタスババアは今日も台所でむしゃむしゃ頬張りながら
レタスの季節を楽しんでおります。

わたしの住むまちとそのまわりにはおいしいお米や野菜をつくってくれる有機農家さんがたくさん。

おいおいご紹介できたらとおもいます◎


この日はお昼間にお友達のお誕生日サプライズに花かんむりをつくってたのです。

道端でシロツメクサなんか摘んじゃったりして。

でもわたくし何を隠そう、小さなころはこうしてお花摘みしている女子の横で

ダンボールをお尻の下に敷いて

「うぇええええええええーーーい!!」

って土手滑りしてた方の女子です。

花かんむりなんて34歳の初体験です♡

ま、帰宅後

にくー肉食べたいー

ってビール片手にお肉を焼きまして

可憐な少女は跡形もなく消え去りました。汗

そのお肉焼いた写真がトップの写真。

これね。笑

少女の皮を剥いだレタスババアはビール片手にお肉とレタスをむさぼったのでした。