こどもに辛くあたってしまうとか

旦那さんに辛くあたってしまうとか

 

そういうときどうしたらいいのかなっていうご相談を受けるときがある。

 

 

 

わたし自身も自分の子育ての中で

我が子が可愛くないって感じてしまうことも

やさしくなんて出来ないことも

 

旦那に当たり散らしたこともたくさんあったので

痛いほど気持ちがわかる。

 

 

 

 

あるときからわたしは

そんな自分を観察するようになって

 

こんなことがわかった。

 

 

 

もともと怒りをぶつけてしまう種みたいなものを

ぎゅっと手のひらいっぱいに握りしめていて

 

何気ないこどもや旦那の言動に反応して怒ってるときある。

 

 

怒りたい自分がいて、きっかけはなんでも良かった

 

ってこと。

(通り魔かよ。笑)

 

 

そういうときは、頭では怒りたくないって思いつつも

怒る材料をいつも探してる。

 

 

じゃあなんでそもそも

そんなに怒りやすくなっているかっていうと

 

子育てで単純にカラダが疲れてるっていうのも大きいし

自分のこころの声を聞いて欲求を満たせていないから。

 

 

やりたいこと出来ない

行きたいとこ行けない

トイレすらゆっくり出来ない

 

自分とつながる時間なんてない

 

ないないないないない!!!

 

 

これ以上<わたし>という感覚を奪わないでよ!!

 

って怒ってる。

 

 

 

母親になることを自分で選んだとはいえ

 

そのやるせなさを

子どものせいにしてみたり

旦那のせいにしてみたり

ぶつけている。

 

 

今はこどもたちも中1と小3とだいぶ大きくなって

自分のことはだいたい自分で解決出来るようになってきたけれど

 

 

もっともっと手のかかるときは

全然余裕がなくて

(ましてやシングル歴長かったし)

 

そういう状態になることも多々あった。

 

 

 

そしてこどもに怒ったあと

お決まりのパターンは自己嫌悪だ。

 

 

あ〜あ、また怒っちゃった。

 

また思ってもないこと言っちゃった

 

叩いたことだってあるよ。

 

お母さんやめたいって何度も思いながら

 

泣き疲れて眠る我が子の寝顔をみながら

 

ごめんね、、、

 

って自分も泣いてるんだよね。

 

 

 

そう、このとき

こどもを叱りながら

自分を責めてる、傷つけてる。

 

 

こんなに毎日

家事に育児に仕事に

頑張ってお母さんやってるのに

 

うまくいかない自分をたーくさん責めてたよね。

 

今、あの時のわたしに声かけてあげたいよ。

 

よく頑張ってたよ

って。

 

家のなか、おもちゃや畳めない洗濯物でぐちゃぐちゃだったけど

 

こどもたちが喜ぶこともたくさん共有して

あったかいご飯とお風呂とお布団用意して

 

もうそれで

充分でしょって。

 

 

 

すーぐ物事を投げ出したくなる私でも

 

お母さんであることはやめなかったし

 

なにより

私がわたしのそばにいること

やめなかったよね。

 

 

もし今、子育てでもうこころもカラダもぐちゃぐちゃになりそうなくらい

しんどいお母さんがいたとしたら

 

そして、セッションに来てくれるクライアントさんにも

 

 

●いつも自分だけは自分のそばにいてくれてるってことと

 

●自分を親友だと思ったら

親友が同じように大変な想いをしていたらかけてあげる言葉を

自分にもかけてあげてみてほしい

 

ってお話ししてる。

 

 

子どもや旦那に怒っても

 

今日は大変だったよね

腹立ったよね

悲しいよね

 

それでもよくやってるよ

わたしは一番分かってるよ

 

って。

 

 

もちろん

ひとりで抱え込むこともないし

誰かに泣き言言ってもいいと思う。

 

育児ってお母さんひとりで抱えるには

そもそも無理があること。

 

 

女性性解放とかありのままの自分を生きるブームで

育児を外注する風潮あったけれど

 

負担は軽減出来ても

やっぱりお母さんが引き受けたい部分ってあるじゃん。

 

こどもにとってもそのほうが安心出来ることってあるじゃん。

 

 

頑張らないお母さんとか、しなくていいと思うんだよね。

 

自分の思うように

それなりに手間かけてあげていいと思うんだよね。

 

なにが正しいとか間違ってるかなんて

 

だれにもわからないことだし

外野がとやかく言うことでもないし

 

お母さんが思うように育児することは

 

愛情のなにものでもない

 

と思うなあ。

 

 

だから

こどもにいっぱい困らせられることとか

こどものためにいっぱい悩むことも

 

なんだかんだいって

お母さんの仕事のひとつだと思う。

 

 

そうやって、ひとりじゃ広げられなかった器を大きくしてもらえるし

経験値たくさんあげてもらえるから。

 

 

 

でももちろんそればかりだと辛いから

 

子どもがいるから出来ることや

出会えたり繋がれる友達や場所を大切にしたり

(これ絶対あるから!)

 

 

今だから出来ることや

今しかできないことに

 

フォーカスして

 

大切に過ごしていきたいよね。

 

 

 

子育てなんて超向いてないわたしなりに13年間の子育ての中で見えたこと

でした。

 

えらそうに言ってるけどさ

小さな怪獣たちの育児に奔走してたあのころの自分に書きました◎

 

 

よくやった、

よくやってきたよ

わたしがぜーーーんぶ知ってるよ

 

ってね◎

 

 

 

 

 

ママさんへ!こども星読みモニター50名大募集!

 

子ども星読みモニター50名大募集!

早くも最初の30名枠満席!

一旦募集をストップしています。


次回4500円枠の募集をお待ち下さいね!

 

募集中のオンライン星読み講座一覧*予約受付開始!

 

NEW!

★5期日曜コース(11時〜13時)
①3/22②4/5③4/19④5/10⑤5/24(⑤のみ10:30〜13時)

詳細は上記リンクから!

 

《個人セッション》《お茶会》できることご案内

 

今月の星読み鑑定、個人セッションは募集していません。

3月はまだ3名さま空きがございます。

 

詳細は上記リンクから◎

 

5/29、5/30、6/2個人セッション・星読み鑑定@沖縄 募集中!

 

沖縄に行きます!

沖縄で受けたい!という方は是非この機会に。

 

そして

6/1(月)は星とこどもの性教育講座を予定しています。

場所は北部今帰仁村にあるカフェ波羅蜜です。

雑誌天然生活の連載でおなじみの根本きこさんのお店の二階をお借りします。

 

きこさんにお会い出来るのも久しぶり。

楽しみであります♪

 

●料金:5000円

ランチご希望の方は別途

●時間10:00〜15:00まで。

 

詳細記事はもう少しお待ちくださいね!