2011年3月11日から流れがかわり、シングルマザー二児の母が一番奮闘した伊勢志摩での暮らしを終え関東へ。

「学校に行きたくない!」

当時小学一年生の長男と3歳の次男とのホームスクーリング時代のあれこれから始まり

「友だちとあそびたい!こういう学校ならいきたい!」

と本人のイメージを汲み取ってさがした自由な学び場のある兵庫に引っ越し。

そこでの毎日は親子ともども

「自分を生きる」

テーマでした。

本当はどうしたい?

何が好き?

何が嫌い?

って

ひとつひとつ手にとっては自分と向き合う作業。

その先にはこれまでの壮絶な過去と向き合い浄化するプロセスも待っていました。

自分を生きる、なんて簡単なことじゃない。

自分の中に生きる、痛いこともつらいこときらいなとこもそれも正面から向き合ってまるっとオーケーする生き方だったし

何度も自分に絶望して、

だめなとこも魅力にも降参して、また前を向いてあるくってこと。

でもでも、その中でみつけて選んだ好きなことや好きな人

逆にそれ以外を自分のために手放してあげた瞬間瞬間は宝物。

そんなあれこれが綴られています。

 

書き続けながらそして自分を生きる生き方を積み重ねながら

ああ、この毎日はわたしにとっても縁のある誰かにとってもギフトになるなと思い

「わたしをシェアして生きていく」生き方をもっともっとカタチにしていこうと決めました。

職業はせんざきあやのです。

ミュージシャンだし料理家だしセラピストだし

拾い集めてきた好きなこと、出来ることを通して

いろんなひとの

「自分のまんなかにもどりたい」

「自分のいのちを活かしてあげたい」

をお手伝い。

これからはこちらのブログで引き続き新しい毎日を。

引き続きどうぞよろしくお願いいたします◎