ここのところ、昔一緒に住んでた人から連絡があったりして

10年前くらいのことをよく思い出す。

 

 

日記が残っているので読み返すと

 

自分の役割を全うしよう

自分で自分を幸せにすること

 

とか

あのころのわたし

いまのわたしと同じようなことが書いてあって笑える。

 

そう思い始めて10年くらい経つってことだよね。

 

 

 

 

 

あの頃のわたしの

 

自分で自分を幸せにする

 

まだまだ人を自分を信用できずに

ひとりで頑張るって意味だった。

 

 

誰にも頼らずに自分で暮らしをたてていくこと。

 

 

 

 

あっけなくもそれは重度の体調不良という形で崩れ落ち

自分のキャパの小ささと

抱えているものの大きさを思い知らされるわけだけれど。

 

 

 

 

こどもなんて、ひとりで育てるもんじゃない。

どんな形でも誰かに頼っていかないと心と体はもたなかった。

 

 

 

今のわたしはといえば

いろんな人に助けてもらいながら

自分がしんどくなりすぎない暮らしを構築できた。

 

 

 

しあわせ、なんだと思う。

 

 

 

でも、なかなか波乱万丈な幼少期を経て

しあわせなんて自分には似合わないって

どこかで思い続けて大人になったせいで

 

 

このしあわせな今を受け入れるまでに

すごく時間がかかった。

 

 

 

わたしにとっては

しあわせになるってことが、こんなにも怖いことなのだと

よくわかった。

 

 

 

そう考えると

 

しあわせのプールに浸かっていたとしても

本人の捉え方次第で

 

不足感をものすごく感じるってこと。

 

 

 

もう戦いは終わってるんだよ

 

って何度も自分に言い聞かせてる。

 

 

 

その戦ってるような気になるきっかけは

 

自分がしあわせを感じるポイントが

どうにもこうにも世間様の良しとされるカタチにあてはまらない

ってことだと思う。

 

ずっと、背徳感とか罪悪感がつきまとってきた。

 

 

ブログで公開させてもらう作業っていうのは

わたしにとってその整理になっている。

 

 

 

たとえば超年下のパートナーがいることも

家族公認で婚外恋愛をすることも

自分が異性だけでなく同性にも恋心をいだくことも

 

始めは公開するのに勇気がいった。

 

 

きっと、だれかがそれを公開していても

素晴らしい!とってもいいじゃん!

って言えるはずなのに

 

 

自分のことになると

やっぱりこわかったよ。

 

 

それはひとえに周りの目だけれど

 

 

えいやっ!って思い切って公開して

自分にとっての本物の人間関係を築いていけてよかったなって思ってる。

 

 

 

 

自分に正直に生きれば

世間的な制度や価値観なんてひょいと飛び越えてしまうし

 

わたしの場合、うじうじ考えてる間に

もうそれを選んで手にしてしまっているという

怖さに反するスピード感ごまかせなさを持ち合わせているため

 

 

選んでから

あーこわいのよ、そうこわいの

でももう行くしかないのよね

 

ってなってることの方がはるかに多い。笑

 

そんな風に人生を送ってきて

答えあわせのように

 

 

ああ、これでよかったんだな

 

っていう今が待っていた。

 

 

選んだことを引きうける覚悟

 

みたいなものは

昔からあったのだよね。

 

そして、それで大丈夫だったし

大丈夫なことしか選んでない

 

むしろ選んで大丈夫じゃないことなんてない

 

それを養ってきた10年だった。

 

 

どうにもこうにも生きづらい正直な自分を

どうやって生かしてあげるか

 

 

っていうところに

並々ならぬエネルギーを注ぎ続けてきた。

 

 

それはもちろんいまも

死ぬまで続けるつもり。

 

 

100714_0731

 

自分で自分をしあわせにする覚悟

 

覚悟、ってさ

重たく感じるんだけど

 

結構大切なことだと思ってて。

 

 

 

だっていくらでも

しあわせじゃない自分も選べるし

しあわせじゃない、を選ぶことのほうが簡単なときだって多いのだとよくわかったもんね。

 

そしてそれは

決してこわいきもちをないものにするんじゃなくて

 

それすらも一緒に前に進むよ

 

って

自分のために用意してあげること。

 

それにはちょっぴり勇気のいるときもあるんだよね。

 

 

 

 

まだまだ見たい世界がわたしにはあって

現状に満足なんてしない性分だと思う。

 

 

限りある生きてる時間の中で

限りなく自分を活かして死んでいきたいので

 

何度でも何度でも

 

しあわせを受け取る覚悟

 

というのにぶちあたるんだろうなあって

感じてる。

 

 

しかも最近、スピードが速くて。

 

意図すればすぐ叶うし

ごまかせばすぐ軌道修正おきるし

あーこわ。笑

 

 

でもきっとぬるーい人生は望んでないんだろうなあと

喜怒哀楽がすっごく色濃くある人生を選んで生まれてきてるなって

つくづく思います。

 

体力、つけなきゃな。笑

 

だからその喜怒哀楽を感じる出来事の内容が

たたかい、ではなくて

自分にやさしいものであるように。ね。

 

 

今年はこの10年の総まとめ的な出来事がよく起こるので

 

この過去にいろんな感情を取りに戻る水星逆行と

うまれかわる日食月食がある今月を経て

 

次のステージに向かう仕上げをしているところです。

 

 

みなさんのなかでもそういう流れがきてるひと

いるんじゃないかな。

 

またこっそり教えてね。

 

 

 

★星詠み、カウンセリングなど個人セッションはこんな方に◎★

自分らしい働き方

自分を生きる方法、恋愛相談、性の相談なんかも受け付けています◎

https://rakudamoutaeba.com/131/

 

 

★月額500円からの自由料金制の綾乃オンラインサロン情報はこちら★

https://rakudamoutaeba.com/1990/