今日はかに座新月さらに日食。

 

居場所、家族、仲間、おうち、感情などのキーワードをもつかに座と

始まりや浄化の新月。

 

そして、前世からのご縁や課題ごと書き換えるような意味合いのある日食。

 

簡単に言えば、超強烈な浄化力を持った新月です。

 

 

 

これまで

恋愛や夫婦、家族を作る中で何度も感じてきたものは

前世から持ち越してるご縁や課題であったりもします。

 

 

それを見つめなおして書き換えていくとき。

 

 

日食は今までの自分が滅びて本来の自分にかえっていくタイミングなのです。

 

 

2020年3月まで、先生のような社会的見張り役の土星が
山羊座にいます。

 

山羊座は

社会的成功、社会で役に立つというキーワードがあります。

 

社会で出すぎたマネしてないか、というよりは

【ひとりひとりの社会を創っていく過程で大切にしたいことってなに?】と見守ってくれているような感じ。

 

 

そう、自分が思ってるよりもっともっと
社会の価値観は自由になって来ているので

それを後押し、応援してくれるための厳しい目です。

 

 

特に今回の新月はかに座1ハウスで起きます。

 

安心の居場所、家族、仲間、そこから生まれる感情、などなど

 

その中で、いろんなしがらみをほどいて

 

【わたしとしてどう在りたい?】

 

 

がテーマです。

 

まず

家族や恋愛は最小単位の社会

 

みなさんはそこに、なにを許して描いていきますか?

 

 

 

 

昨日ブログでも書いたこれ

 

「私という人間にはどうやら一夫一妻は無理があるということを自分の世界にゆるした結果」
https://rakudamoutaeba.com/2899/

 

わたしは再婚前から、一番いいパートナーシップのカタチを模索し続けてきた。

いまは、複数恋愛をしっかり楽しんでいる。

 

それじゃあなんで結婚したの?

ってよく言われるけど

 

 

結婚の安心感も欲しかったから。

結婚だってしたかった。

 

 

 

2人は、それでも結婚したいと思ったから。

 

 

理由なんてそれだけでいいわけだもんね。

 

 

 

 

 

●だれもとやかく言わなかったら
大好きな人たちとどんな世界を創っていきたい?

●自分の安心のつながりの最小単位の社会に
あなたはどんな風なら幸せで豊かと感じる?

 

 

これを書き出してみるといいです。

 

 

家族、恋愛の常識やパターンはもう書き換えられる時代、タイミングなので。

 

 

相手の居る居ないは関係なくて

案外今は居ない人の方がまっさらから始められていいかも。

なお、この日食で書き換えスタートしたことは
来年1月11日のかに座満月になんらかの収穫がありそうです◎

 

 

 

自分の世界に許して用意してあげるのは

自分にしかできないことなのです。

 

 

 

 

 

★星詠み、カウンセリングなど個人セッションはこんな方に◎★

自分らしい働き方

自分を生きる方法、恋愛相談、性の相談なんかも受け付けています◎

https://rakudamoutaeba.com/131/

 

 

★月額500円からの自由料金制の綾乃オンラインサロン情報はこちら★

https://rakudamoutaeba.com/1990/