今週末から毎週末ライブ、ツアー月間であります。

今月は京都、三重熊野、和歌山、大阪へ

来月は静岡富士、東京、埼玉へ。

それと一緒にお菓子を焼いて持って行ったり、ボディーワークや占星術のセッションもする。

 

 

今日は、車を走らせながらライブで共演者と合わせる歌を練習しつつ

喫茶店で明日講師をつとめるボディーワークの講座の資料を作成しつつ

週末に焼くお菓子何を焼こうか考えつつ

 

つつ、、、

つつ、、、、、

 

 

 

 

気づいてはいたんだけれど、わたしの中にいろんなわたしがいっぱい住んでいる。

 

 

これは、わたしの昔っからの性質。

 

 

 

前のblogにもこんな記事を書いたのだけれど

まるごとのじぶんが天職でした(旧らくだもうたえば2017年6月29日)

 

 

 

子どもの頃からなりたい職業がたくさんあって、カラダはひとつなのにつぎつぎに浮かぶ興味やアイデア。

頭おかしいんじゃないかと思って高校の時先生に相談したほど。笑

 

 

でもそんなわたしの性質を認めてあげられるのも受け入れてあげるのも自分自身。

 

 

どんどん湧いてくる

 

「これが好き!これやりたい!」

 

をひとつひとつ汲み取って

 

取り組んできた。

 

 

 

パン屋の店舗販売をしていたときお客さんに

 

「いろんなステキな趣味をお持ちなんですね」

 

 

っていわれて、まさにそれだ。笑

 

本気の趣味がたくさんある感じ。

 

 

 

小さな頃、習い事もたくさんさせてもらった。

 

水泳、そろばん、習字、ピアノ、英会話、、などなど

ピアノこそ10年続いたけれど、ほかは1年から3年くらいでやめていった。

どれもこれも自分からやりたいって始めたこと。

でも習い事をやめたくなって、当時一緒に住んでいたしつけに厳しかった父に、

猛烈なおとがめをくらって、それでも泣く泣く辞めたのを思い出した。

 

 

一度始めたことは、続けなきゃいけないのか、、

 

って自分を縛っていたことに気づいた。

 

 

熱しやすく冷めやすい、という表現がピッタリなわたしだけれど

熱した時はとことんのめりこむ。

 

すごい集中力でこなしていく。

 

そして、目が覚めたように熱が冷めて終わってゆく。

でも、一度始めたことは、数年単位でまた取り組み始める確率が高い。

 

 

やってみなくちゃわからない

 

ってどこかで思っていて

 

やってみて、合わなかったらやめたらいいし

合ってたらとってもラッキーとも思ってる。

 

おもちゃ箱だし、宝箱。

 

 

出会って拾い集めてきた

 

これやってみたい!

 

はどれも宝物。

 

 

 

(先週仕込んだひしおが出来た◎納豆にかけてたべました。発酵×発酵。美味しかった◎)

 

 

いろんなことをやってみてわかったことは

 

なにをするか

 

ということよりも

 

やってみたときに出会った自分だったり、出来事だったり気持ち

それに伴う実りだったりっていうところ。

 

職業って、

 

それのツールでしかない。

 

だからきっと、なにをどれだけ選んだってよくて

 

そのときそのときで自分に合う職業だったり、やり方だったりをしていいんだってこと。

 

 

 

わたしの場合、いろんな

 

これやりたい!っていう興味や、

そのときそのときの体調や気分の変化に忠実にいたくて

コロコロと変化させてゆく。

 

昔は

「それじゃあ生きていけないよ、安定した職につかなきゃ」

 

って親に言われてきたけれど

 

もう、そんな自分の性質を許してあげられるのは自分しかいなかった。

 

 

 

 

 

というよりも

 

もう、大人になったわたしは、それを自分で認めて創っていけるんだ。

 

ひとつに絞る必要もなくて

ずっと続ける必要もなくて

 

 

 

とにかく、ピンときてひかれたものにまっすぐに向き合ってのめりこんで

どれだってなんだって大好きになっていい

 

そこに意味なんてないから。

 

 

 

そして、それで得た知識や技術に価値をつけてあげていい。

 

自分で仕事を始めるときって、値段とか料金設定に悩むもの。

 

 

わたしは、上がったり下がったりハイとローを繰り返す生き物で

やりたいことも、気分も体調もどんどん移り変わっていく。

明日の私を、約束できない。

 

そんな自分をどれだけ許したって、自分自身に振り回されることもたくさんある。

 

 

その中で

 

これがしたい!とか

これが好き!

っていうその気持ちが生きることをあきらめないでここに生きさせてくれてるって本当に思う。

 

 

 

だから、

 

好き!これがしたい!

 

って思わせてくれてここに生きて、だれかと楽しめる

 

 

っていう価値として値段をつけている。

 

ときに、気分でそれすらもったいなくて自由料金にするときだってある。

 

 

そんなふうに生きてるわたしと関わってくれたひととの化学変化やエネルギーの交換を

お金っていう便利なものでさせてもらってる。

 

(5月に閉店間際のカフェ霑の定休日にスタッフのみなさんとお菓子教室。姫路の大人気のお店、月末に15年の幕を閉じました。ほんとにお疲れ様でした◎)

 

 

遊ぶように仕事をする

 

仕事を、志事、として取り組むと

結果そうなった。

 

疲れることだってあれど、

この感覚があることを選んでいきたくて

 

始めはそうでもなんだかちがうとなってくればやり方を見直したり、手放したりする。

 

そうやって、いま

好き!やりたい!

って思えることを

 

どんどんかけ算してみて

 

一度やめたけどまた舞い戻ってきたそれも、

おかえりー

って迎えてあげてかけ算する。

 

 

 

棚卸しは定期的にするけれど、

 

一つに絞ったり

続けることにこだわるのって

わたしにとってはとってももったいないこと。

 

 

 

そして、忘れちゃいけないのは

 

どんどん発信する。

初めは怖いと思うこともあったけれど

 

でも、だれかの目に見える形にしないと宝箱の中の宝物って光らないんだよね。

 

 

せっかく好きになったこと

やりたいっておもったこと

出会えたこと

 

なのに。

 

 

うまくできるかどうかより

そんなふうに思えること自体がギフトだっていつもわすれちゃいけないよ。

 

 

やりたいものや好きなことが多すぎて頭がおかしいんじゃないかって先生に相談したとき

質問に答えてくれたのは

「頭がおかしいんじゃなくて、それは、とっても幸せなことって、いつかわかる日が来るわよ」

 

ってことば。

好き、とかこれやりたい!に正直なって

それを選べば選ぶほど

 

というか

 

それを自分にさせてあげればあげるほど

その言葉が本当によくわかる。

 

わたしの中にいるいろんなわたし

 

どれもいろんな表情があって個性的。

でもどれも大切なわたし。

 

だから、ぜんぶぜんぶ、存在させて楽しませてあげて、喜ばせてあげて

 

よかったんだよね。

 

やりたいことがたくさんあるひとへ

 

それは、とってもしあわせなこと。

(誰かと比べて、とかじゃなくてね、それ自体)

 

 

せっかく生きてるうちに、どんどんやってしまおう◎

 

そうやって選んだいまが、未来の自分を作っていくよ。

 

 

運転による日焼けが凄まじくなってまいりましたが

あの町この町へと

歌いに、おやつつくりに、心とカラダに触れに

向かいますので

逢いに来てくださいね◎

\6月7月のライブ情報はこちら/

\おやつ教室などのご案内はこちら/

\ボディワークの施術や講座、占星術をからめたセッションご希望の方はこちら/

 

演奏依頼、教室や施術などのセッションも随時承っております。

soushokuoyatsu.rakuda@gmail.com

わたしの出来ることが誰かのお役にたちますように☆