変わりたいんですシリーズです。

 

 

変わりたい、ってね理想の誰かになることじゃないんだよ。

 

変わりたい、ってね、

 

 

本当の自分にかえっていくこと。

 

 

わたし、ここ5年で

 

変わったね、ってよく言われる。

 

 

それは、誰かにとったら

 

まえより良くなった、だろうし

前より、なんだかな、、前の方が良かった、だろうし

賛否両論。

 

 

 

カラダを壊していのちの危険にさらされるほど自分を追い込んで

そこから回復していくプロセスは

 

 

 

もう自分に嘘つかない

 

 

 

っていうところにどんどん取り組んでいった。

 

 

その結果、<変わったね>ってよく言われるようになったけれど

 

今のわたしの感覚のもとになっているのは

 

こどものころの感覚。

 

 

 

自分のこと責めたりとかせずにのびのびやってた頃の感覚

それを思い出しながら毎日を送ってみてる。

 

 

 

だから、<変わったね>と言われても

 

どちらかというと

 

もとに戻った感覚

 

なんだよね。

 

 

 

 

そして、もちろん

 

成長していることもたくさんある。

 

いままでは出来なかったことが出来るようになっている自分に出会う。

 

とくに最近はそれを顕著に感じる。

 

きっと、本来の自分に戻ると

 

のびるべき能力がちゃんと発揮されたり

成長したりするのかもしれない。

 

 

変わるつもりがないなら、言い訳せずにそれすら認めてあげること

前回のこれにも書いた

 

変わりたくてもしがみついてるこれまで自分を守ってきた

安心のパターン

 

 

これってなにかというと

 

 

こうすれば愛される

っていう価値観。

 

 

あの人に<はい>と言えば愛される

いやなことも引き受けたら愛される

たくさん働いていたら愛される

がまん強かったら愛される

 

とかとかとかとか、、

 

いろいろあるよね。

 

まあ、誰から愛されるかって突き詰めたら

なんだけどさ

 

それが、自分の世界全てを対象になっているわけだよね。

 

 

でもね、それ

 

まぼろしだった。

 

 

 

親は、大人はそう教えてくれたかもしれないけれど

 

 

あの人に<はい>と言わなくても

いやなことも引き受けなくても

たくさん働いてなくても

がまん強くなくても

 

愛されてたんだよね。

 

(むしろもっと輝けたよ。笑)

 

 

いままでの安心のパターンを崩しながら

その証拠集めをしてきているわけです。

 

 

 

 

 

理想のだれかの在り方をかかげたところで

 

それはあくまでその人であって

 

ひとりひとり性質は違うから

 

自分の中心点をとらえつづけていく作業しかない。

 

そのために

自分の中を掘り下げてみたり

感情を大切にしたり

喜ぶことを用意してあげたり

嫌なことから逃げさせてあげたり

カラダをととのえてみたり(←ちょっと今年はこれ結構キーワード)

 

いまここの自分に寄り添うことを

あきらめずに丁寧にやってみる。

 

 

 

そして

今よりもうちょっと

 

自分の可能性を見てみたい

幸せだな、って感じる時間を増やしたい

 

そのためのあれこれも

変わっていくこと、なのかもしれないなーって思うのです。

 

それは現状に満足してたって、欲張ってもいいことだもんね。

 

 

可能性や幸せな人生の上限は

自分で決めなくていいんだよ。

 

変わって、いいんだよ。

 

 

 

 

★星詠み、カウンセリングなど個人セッションはこんな方に◎★

自分らしい働き方

自分を生きる方法、恋愛相談、性の相談なんかも受け付けています◎

https://rakudamoutaeba.com/131/

 

 

★月額500円からの自由料金制の綾乃オンラインサロン情報はこちら★

https://rakudamoutaeba.com/1990/