人のお話をきく仕事をしていると

 

 

えーと、変わる気ないですよね?

 

っていう人が一定数いる。笑

 

 

何ヶ月も何ヶ月も同じ話を延々とリピートし

 

 

変わりたいんです。どうしたらいいですか?

 

と聞いてくる割には

 

 

 

 

 

そうですよね、、、

でも、、、

いや、、、

だって、、、、、、なんですよね

 

 

と返ってくる。

 

 

 

 

 

もう一度いいますが

 

 

 

 

 

変わる気ないですよね?笑

 

 

 

 

 

 

で、こうなってしまうことって

誰しもあるんです。

 

どんなに変わりたいとおもっていても

 

自分を守るためにできた安心のパターンを持っているので

 

変わるのってそれくらい怖いことだったりするのです。

 

 

 

そして、理想の在り方をブログや本や出会った人から見つけたとする。

 

自分と理想の誰かを比較しては

 

●同じポイントでつまづくことを繰り返す自己否定で自分を責め

●理想の在り方にたどり着けなくて自分を責め

 

自分をいじめまくってる状態ね。笑

 

 

 

で、そこでそうやってるから得られるメリットがあるから

ステージが変わらない。

 

 

つまり

 

 

潜在的には変わるつもりない。

 

 

わたしもそういうこと大いにあって

ステージアップさせたい自分と

無意識に実はここに居たいとおもってる自分とで

 

大葛藤する時がある。

 

 

そういう時のひとつの打開策として

 

 

「変わりたくない!ここにいたい!変わるもんか!!だってこわいもん!!!」

って一旦それを認めてあげる。

 

そして、

 

 

そうだよね、こわいよね

 

 

ってその気持ちを抱きしめてあげる。

 

 

 

 

 

そうすると気づいたら

 

 

あれ、、変わってる、、、or 変わろうと動いてる】

 

 

って状況は動いていってたよ、、、、

面白い化学反応なのこれ!

 

 

 

今ここ、等身大をすっ飛ばさないで

それでいい、って認めること

 

が結構有効だったりする。

 

 

 

●本来の自分を最大限に発揮できる状態の自分と

●理想の自分(在り方)は

 

違ったりするのね。

 

 

 

見当違いな方向に頑張りすぎて、疲れて果てて

変わらない自分を自己否定ループ

 

なーんて結構あるあるなんじゃないかな。

 

 

 

だから、前にすすむための一つの選択肢として

 

実は変わりたくなくていまここでぐるぐるしてるってことを

悔しいけどかっこ悪いけど

言い訳せずに認めてみるといい。

 

 

わたくし、それで進んだことが結構あるのです。笑

 

いつのまにか進んでるか、

くっそこのやろ絶対変わってやるってなるか、

 

どっちかのスイッチが入るんだよね。笑

 

 

 

 

まるごとの自分を愛してあげること

そのために

 

チカラをぬくステージ(等身大を思い出す)

頑張るステージ(次へと向かう底力を使う)

 

じゅんぐりじゅんぐり来ては成長していくものだよ◎

 

 

 

 

ちなみに子どもは

 

成長したい、出来ないと駄々こねる、気が済んだら挑戦する、疲れたら休憩する
の天才です

その等身大のステージを、情けないなーなんて自分を責めたりせずに

素直にやりきることが出来るから

ぐんぐん成長できるんだろうね。

 

 

 

 

 

★星詠み、カウンセリングなど個人セッションはこんな方に◎★

自分らしい働き方

自分を生きる方法、恋愛相談、性の相談なんかも受け付けています◎

https://rakudamoutaeba.com/131/

 

 

★月額500円からの自由料金制の綾乃オンラインサロン情報はこちら★

https://rakudamoutaeba.com/1990/