今週末の伊勢の講座で

デリケートゾーンのお手入れのことをお話しされる

講師さんの資料を印刷させてもらってて

 

女性器の構造の絵を眺めてたら

中1の長男がやってくる。

 

お互い伏せることなく

「なにこれー」って普通に聞いてくる。

 

 

女の人のおまたの外と中はこうなってるんだよー。

これがおしっこでるとこ、お尻、生理の血と赤ちゃん出るとこ、、、

 

 

で、これお腹の中身(資料。笑)

 

 

赤ちゃん出るとこの奥はこうなってて

卵子はここからでて

いいタイミングでセックスすると精子に出会えて

出逢えなかったらスタンバってた血のベッドが

生理になって出てくる。

 

 

毎月できるかわかんない赤ちゃんのために

とりあえずお迎えする準備とお掃除してるってこと。

 

卵子と精子が出逢っても相性が合うことも奇跡

 

受精してもこの血のベッドに

ちゃんと潜り込んで育ってくれる確率も奇跡。

 

っていうか受精卵がちゃんと育っていくことが奇跡

 

かあちゃんがうまれたのも奇跡

 

 

そんなかあちゃんから生まれたあんたたちはさらに奇跡

 

 

 

とかとか

ひとしきり話してて

へー!ほー!って返ってくる。笑

 

 

講義、、、笑

 

 

 

本人一番の衝撃は

 

 

膣ちっちゃ!ここから赤ちゃん出てくんの!やっば!!」

 

 

 

裂けたよ♡縫ったけど♡

 

って言ったら

 

 

 

「はぁー、、、

はうぁ〜それは頑張ってくれたなー。。。はぁー」

 

 

となむなむ拝んでました。笑

 

 

女医さん監修のセックスのHOWTO本や性のことが

普通に転がってる我が家。

 

何が正解かはわからないけれど

 

普通に書物としてレシピ本と並んでる。

きっと食べることと一緒のこと。

 

 

そしてミスプリントの女性器のページを

リビングに一枚置いたまま出てきた。笑

 

 

男子たち、なんとなくさっきのこと復習しといてくれ。笑