さっきふと思い出したことがある。

 

 

 

いまから10年ほど前、我が家にヒモがいた。

 

 

 

働いてくれない元旦那に愛想を尽かし、わたしは淡々と離婚届を出し

家を出たわけなんだけれど

 

ひょんなことから引っ越しを手伝ってもらってから仲良くなったオトコがいた。

 

 

 

ひょんなことから、、、、

 

 

これ、わたしの人生でとっても多い。笑

 

 

 

 

 

引っ越しから数ヶ月後、

 

「次の仕事が決まるまでいさせてもらえないかな、おねがい!」

 

無職の彼は我が家に住み着いた。

 

 

 

 

 

えーとだね、働いてない男パターン、もう懲りたはずなのに

 

許してしまった。

 

 

 

え?

もちろん、働かない。笑

 

 

 

パジャマで見送り、パジャマで出迎えてくれる。笑

 

で、だ、半年以上家にいて

 

すったもんだあったし、

人生で初めて堪忍袋の緒が切れるという言葉を体感したころ

 

 

 

 

「寮の仕事が決まったから!

荷物また取りに来るしとりあえず行ってくる。」

 

と、出て行った。

 

 

 

 

しかし、、、帰ってこない。

 

大型バイクも荷物もそのまま、、、

 

 

働き出したら返すと言っていた生活費ももちろん返ってこず

連絡もとれなくなった。

 

 

 

あーこれ、、、完全にハメられた、、、

 

出て行って2週間くらい、凹んだけど

怒りと悲しみのやり場もなく、育児と仕事で忙しい日常を送っていた。

 

 

 

 

 

なんとなく、自分の中でそれはなかったことになっていたのか

しばらく忘却の彼方にしまいこんでいて

 

最近になってちょこちょこ思い出すことがある。

 

もう時効すぎて、

そんなこともあったなーと

 

とくになんの感情も湧かなかったのだけれど

 

今になって

どこかで生きてるであろう彼にお礼が言いたいと思うようになった。

 

 

 

 

 

当時わたしは1歳半の長男と一緒に暮らしていてシングルマザーになりたてで

我が家でパジャマで1日を過ごしていた彼は

 

仕事に行くわたしに代わって、あれこれやってくれていたのだ。

 

 

例えば、長男が突然熱を出した時は、仕事を休めないわたしに代わり

病院に連れて行ってくれたり

家で一緒に過ごしてくれたりもしていたし

保育園の送迎を手伝ってもらったりもしていた。

 

 

洗濯や、夜ご飯も、彼が作ってくれていたときもあったし

 

頼れる実家がない私にとってはとても助けになってくれていたのだ。

 

 

 

まあ、始まり方も、終わり方も、うーむ、、、だったし

じゃあ今同じ状況の誰かを受け入れるかっていったら絶対ありえない。

 

そういうオトコのお世話は引き受けないけれど

 

 

それなりに、私たち親子に愛をもってヒモに徹してくれていたのだなとおもうと

 

まああれはあれでいい思い出だったかなと思える。

 

休みの日は子どもと一緒に遊んで、つかの間の家族してたしね。

 

ただ、ヒモなだけで。笑

 

 

 

 

 

当時、男の人の愛情なんて、すごく無責任なものだという概念の中にいたから

気づけなかったことも、築けなかった関係性もきっとあったに違いない。

(いや、ヒモはむりだけど。笑)

 

 

 

間違い無いのは、

 

わたしなんか愛されないって、証明したくてまた受け入れたのだろうなと思うと泣けてくる。

 

 

一緒にいる人との関係性って、

 

自分がどんな風に自分を扱ってるか、どんな風に扱われているか

 

がまざまざと反映するからね。

 

 

 

もうそもそもわたしは、

 

男は無責任だから自分だけでなんとかしよう

 

という前提は無くなったからの、今だけれど

 

 

あのときのままだったら、誰と付き合っても

付き合う男はみんなヒモになってたのだろう。笑

 

 

 

 

今の一緒にいる人への前提は、

 

なにがあっても絶対そばにいてくれるひと

 

になってる。

 

 

だからいい距離感でパートナーと別々に暮らせている。

昔のわたしなら、それは不安で無理だっただろうな。

 

 

今は、一緒になった人はどんなカタチでも、そばにいるひと、なのだ。

 

もうヒガイシャ、ではない。

 

 

ここまで、自分の愛情受け取りタンクと自分への信頼感が育ったことは

改めて感動するよ。

 

 

 

そんなこんなでね

今だからこそ、ヒモの出来る限りの愛情を、時間差で受けとれた。笑

 

まあ、もうあのようなカタチはオーダーしませんがね。笑

 

 

なんてことない思い出から

自分と向き合い続けてきたあれこれの変化に気づかせてもらえた、というお話。

 

 

再会したら一発ぶん殴ってからハグしたいけど。笑

 

ふざけんな、あのときはありがとう、って。

 

 

★星詠みのクラス@姫路★

全3回(1回目は5月26日bocagrandeさん3Fで)

あと二回の場所と時間は集まったみんなで決めます。みんなで小さな旅をするような講座です。

残席あと一名です。お早めに◎

https://rakudamoutaeba.com/2123/

 

★個人セッションはこんな方に◎★

自分らしい働き方だけじゃなくて

自分を生きる方法、恋愛相談、性の相談なんかも受け付けています◎

https://rakudamoutaeba.com/131/

 

★月額500円からの自由料金制の綾乃オンラインサロン情報はこちら★

https://rakudamoutaeba.com/1990/