令和元年、今日から新しい時代のはじまりはじまり。

 

 

 

なんだか昨日は、特にいつも通りおうちでゆっくり過ごしていたのだけれど

 

 

 

今日で平成が終わるのか、と思うと

一瞬いままでの自分が死んでしまうようなこわさが訪れた。

 

 

うん、こわかった。

 

 

 

 

 

新しい時代がはじまる、ってことは

 

今までの時代を終わらせる、

 

ってこと。

 

ちゃんと終わらせたいな

 

 

って

 

軽くお葬式気分だった。

 

 

 

 

でもこのこわさこそ

 

時代が産んだ価値観に縛られて、幸せを受け取りきれなくする感覚なのかもなって思ったよ。

 

 

 

これだけ変化が好きだし

 

これだけ終わらせることも始めることも好きだし

 

たぶんわたしの短い人生って

何年かおきに年号変わってるんじゃないかというくらい激しい変遷の中にいつもいるような感じだけど

 

それでも、なんだか今回は本当に根底の部分の

 

 

 

ゴソ、、ゴソゴソゴソっ、、

 

 

って

大きく根こそぎ変わるようなそんな感覚。

 

 

地鳴りのような、、、

 

ぞわぞわしちゃったんだな、、、、。

 

 

 

 

 

わたしは昭和59年生まれ、現在35歳。

 

 

三つ目の年号を受け取ったわけだけれど

 

昭和なんてほんのちょっぴり、ほぼ平成育ちなわけで。

 

 

 

 

でもわたしたち世代って

 

ゴリゴリ昭和の価値観で育てられた親たちの

 

超ゴリゴリ昭和サラブレッドの教育観で育てられて

 

 

さら平成になって中途半端に開放的な時代に突入して

 

 

 

昭和くるしい、、、、もうその時代、、ちがうのに

もっと自由に生きたいのに、、、

もっと個性を認めて欲しいのに、、、、

 

 

 

 

というのが歪みとして出てきた世代に感じる。

 

エネルギーいっぱいのヤンキーたちだけじゃなくて

圧力にごまかしがきかなくなってきた。

 

 

不登校とかもすごく多かったしね。

わたしもそのひとりだったし。

 

 

 

 

 

こんなにも発展して、豊かさに溢れている時代に生きていられるのは

 

紛れもなく、戦後たくさんの苦労を強いられながらも

 

歯を食いしばって頑張ってくれた先人の方々のおかげ。

 

 

でも

 

 

もう、おわりにしなきゃいけない。

 

歯を食いしばって我慢する生き方。

自分を縛る生き方。

幸せを拒否する生き方。

喜びを拒否する生き方。

豊かさを拒否する生き方。

 

 

これだけ多様性が謳われる中で

 

右向け右にならなくていいし

 

自分にとっての正しさや豊かさをきちんと見据えていかないといけない。

 

先人は、私たちが苦しむためにこの豊かさを用意してくれたわけではないはず。

 

後世に

しあわせに、自分らしく生きていてほしい

 

って築き上げてくれた世界。

 

 

それを

受け取っていい時代がやってきたのだから

 

しっかりと、自分の人生に

 

喜びや快感や幸せを表現して生きていきたいね。

 

 

これまでの時代を生き抜いてくれたいのちたちに

たくさん感謝して

 

 

もう簡単に、しあわせになっていいよ。

 

それを選んでいいんだよ。

 

 

 

わたしはそう思うんだな。

 

 

 

 

 

来週徳島行きまーす。

なんとなく始めてなんとなく終わるであろう旅割にて個人セッション受け付けています◎

5月四国関西へ。個人セッション受け付けます◎

 

星詠みのクラス@姫路

全3回(1回目は5月26日bocagrandeさん3Fで)

あと二回の場所と時間は集まったみんなで決めます。みんなで小さな旅をするような講座です。

残席あと一名です。お早めに◎

 

超初心者の星詠みクラスはじめます@姫路

 

個人セッションはこんな方に◎

自分らしい働き方だけじゃなくて

自分を生きる方法、恋愛相談、性の相談なんかも受け付けています◎

↓↓

 

自分の仕事をだれにどんな風に届けたいですか?これはチカラを受け取る宣言。