今日は次男、初めての

 

 

そう、生まれて初めての

 

小学校という世界を体験。笑

 

 

 

先月に長男の卒業証書授与の打ち合わせで一緒に小学校にいった次男、

 

不登校を選択していますが卒業式にむけて小学校に行ってきた

 

先生からの

<いつでも学校にあそびにおいでね>

 

に、行ってみようかな、となったらしい。

 

 

 

 

普段は近くのサドベリースタイルのフリースクールで

 

カリキュラム

テスト

宿題

なしの異年齢ミックスの時間。

 

 

 

小学校の先生から送られてきた時間割を見ながら

どの授業に参加するか親子で検討。

 

 

 

まず、彼が口にしたのが

 

 

 

 

小学校、朝はやっ!!

 

 

 

 

 

こちとら(フリースクール)朝10時からスタートなもので、、、

 

朝起きるのもゆっくり。

 

 

本人、1時間目からは無理と判断。

 

 

 

 

あと、勉強はたまに気が向いたときにするくらいで

(計算は得意だけど)

普段全くしないので算数などの授業に参加は自信がないとのこと。

 

 

でも

 

 

給食は絶対食べたい!

 

とのこと。

 

いいですね、そういうの好きです。

 

 

 

 

結局4時間目の体育から

給食

学活

音楽

 

そして近所の子たちと初下校を体験しました。

 

 

 

 

本人先週から行く気満々だったけど

はじめての場所はわくわくだけどもちろん緊張もあって

 

4時間目の体育のとき

 

全員同じ服で固まるこどもたちの集団に

 

固まっている、、、、、

 

 

そうだよね、みんなにとっては普通かもだけど

 

ちょっと不思議な光景だよね。

(こちらは制服もっていないので私服で行きました)

 

 

 

でもね、先生が

 

 

<春からみんなが会いたかったせんざきくんが来てくれました!>

 

 

という言葉に

拍手と歓声で大盛り上がりの二年生のクラスメイトたち。

 

おともだちが手を取って輪の中に入れてくれたりみんなにフォローしてもらいながら楽しそうに過ごしていたので

 

 

 

母は安心して退散。笑

おうちへと帰りました。

 

 

 

 

わたし自宅で個人セッション中

 

夕方登校班の子達と帰宅きたら

 

 

 

 

ちょーーーーー楽しかったー!!

 

20人友達できたーーー!

 

給食の時間おわっちゃうから最後牛乳急いでのんでお腹ちゃぷちゃぷになった。

(時間に追われることも経験したらしい。笑)

 

漢字おしえてもらったー!

 

また金曜日行きたい!

(フリースクール毎週金曜日おやすみなんでね。)

 

 

 

 

とのこと。

 

よかったねーそれは。

 

 

 

 

小学校に行けない、のではなくて

お兄ちゃんの通うフリースクールに行きたい

(やっぱりそうなるよね。笑)

から4歳からそのままフリースクールに行く次男。

 

 

 

今回ひょんなきっかけでちょっと小学校に遊びに行く機会ができて

 

 

新しい世界がひろがったみたい。

 

 

 

既存の小学校の教育は、疑問点もたくさんあるけれど

楽しい子には楽しいと思う。

 

でもね、みんなが当たり前に通わなくちゃいけない場所、ではないんだよね。

 

なんとなくそんな慣習できちゃってるからそう思うだけで。

 

でもそれは我が家にもあてはまることで

小学校にいかないという選択もだれかにとっては当たり前じゃないってこと。

 

お互い、同等の価値があるってこと。

 

 

なにより

いろんなところに自分の居場所がある

楽しいって思える場所がある

 

ってこどもにとっては幸せなことだと思うので

 

いい時間を過ごせたのではないかなと。

 

 

 

自由のなかの厳しさを学びながらフリースクールで過ごしながら

(そう、自由って厳しいのだ。自分の言動をひきうける責任がともなうからね)

たまにはこうやって違うリズム、違うあたりまえを体験できるってすごくいい。

 

ラッキーだぞ。

 

小学校には小学校で積み重ねてきたルールがあるだろうし

 

お互いの当たり前の違いにも子ども同士直面するかもしれないけれど

 

それも豊かさだ。

 

 

それはどちらが正しいとかではなくて

きっとどちらも尊重し合うべきところ。

 

 

お世話になる先生方と話しあって

クラスにとって、本人にとって最善の時間になる交流を積み重ねよう。

 

ということでお世話になりました。

またどうぞよろしくおねがいします。