<わっ!はじまったぽい!>

 

今日出先で突然生理が始まり、横にいた次男(8歳)に話す。

予定より3、4日早くてナプキンも当てておらずとっさに車の中にあったティッシュで代用。

次男<まいつきあるんだよね、女の人はたいへんだね>

と8歳に生理を労われる。笑

 

 

 

我が家はこどもたちが小さいころから生理のことは話している。

 

生理でも一緒にお風呂に入らなきゃいけなかったし、ふと力を入れたときに経血がお風呂場で出てしまうから

 

ギョッとなるとおもいきや、、、、

 

そんなギョッとなる感覚が湧く前からそれが普通にだった。

 

 

 

 

 

お母さんあるあるかとはおもうけれど

トイレにいても小さい子にはドアをあけられてしまう。

 

しかも、我が家和式がおおかったのでドアをあけたらかあちゃんおしり丸見えも多々。笑

 

 

<ちぃでてるよ、いたいね、いたいね>

 

 

トイレから出たわたしのおしりをさすさすとさすってくれたものでした。笑

 

それからというもの、

 

 

<かあちゃん今日は血ぃの日>

 

という、なんかスプラッタな日が定期的に訪れるのだというのが子どもたちの中に植え付いた。笑

 

 

 

 

その日のかあちゃんは

●カラダがだるーくなること

●おなかがいたーくなること

●眠たくなるから横になりたいってこと

●イライラすること。笑

 

最後のイライラすることに関しては、月経前のほうが多いので

ああ、イライラしてるとおもったら、よく悲しくなると思ったら血ぃの日がきたよ、これですっきりする、と話してた。

 

 

で、でてきたこの質問。

 

 

<なんで血が出るの?>

あなたたちがかあちゃんのお腹にいたように、女の人のお腹には赤ちゃんを育てるお部屋(子宮)があってそのお部屋の大掃除をしてるんだよ。

毎月毎月赤ちゃんがいつ来てもいいようにふかふかの血のお布団を準備してるんだけど、赤ちゃんが来なかったらこうやって自分で綺麗に出せるんだよ。

おうちのお掃除するとスッキリするのと一緒で、終わった後はすっきりするんだ◎

 

 

 

<ぼくたちも大人になったら血が出るの?>

血が出るのは女の人だけだよ。

赤ちゃんを育てるお部屋は女の人しか持ってないからね。

女の子も10歳過ぎたくらいから血が出始める子がいるよ。

(わたしも小4で始まった。初めて話した相手はトイレのドアを開けて目の前にいた父だった。笑)

 

 

(ほうれん草とバナナの豆乳スムージー。最近朝こどもたちと歩いてるから帰ってきてから飲んでる)

 

生理の日は、休めるときは休んでる。

いつも以上に無理をしないようにしている。

それを、こどもたちもよく見てる。

 

かあちゃん血ぃの日だから、と抱っこも断ってるときもあった。

 

めちゃくちゃ生理が重いわけではないけど、いつもと体調はちがうし

小さな出産みたいなものだから

産後みたいに大事に過ごしてる。

 

 

でも

家族の中で

風邪や寝不足くらい、月経が普通にある。

全く特別なことじゃない。

 

 

ナプキンつけるとこ見せてっていわれたら見せるし、血のついたナプキンもわざわざこちらからは見せないけど

見たがったら見せてた。

実際にお風呂で経血を見ることもあったし、布ナプキンを漬けおきしているバケツも普通にある(蓋はしてるよ。笑)。

 

 

 

 

 

あと

いろんな人と恋愛して、

生理のことよくわかってない男性の多さったらなかった。

 

これは男性の責任っていうより

大人や女性自身が生理をタブー視してきたってのもあるとおもう。

 

だって、自分の体に起こることじゃないからよくわからなくて当然だし

わたしだって、男性の射精とかの感覚は知る由もない。笑

 

 

 

でも、例えば、生理だったらセ  ックスしても妊娠しないから中出しさせてくれだとか

生理中だというだけでどう接したらいいかわからないとか

毎月あるってことすら知らない人だっているんだよね。

 

一応、学校でも習うけど、、、ね。

 

 

 

(れんこんと大根葉まぜごはん。ごま油でいためたれんこんと大根葉とネギを醤油とみりんであじつけてご飯に混ぜる)

 

 

男子の母だから、異性としてお伝えしたいことはもちろんしくみも大事だけど

 

 

生理中の女性には優しくするんだよ。

 

これに尽きるかも。

 

いつもより少し動けなくなることがあるから

ちょっと重いものもってあげてね

ちょっとおなかあっためてあげてね

場合によってはそっとしておいてね

めんどくさいけど赤ちゃんはぐくむカラダなので協力してね

 

これらは直接こうやって言ったわけではなくて

正直に「●●してほしい」って

コツコツお願いしてたらインプットされた。笑

 

 

妊娠も出来ちゃうから、赤ちゃんできてこまるようならちゃんとコンドームつけようね。

(コンドームの付け方、もこどもたちに教えました。そのことはまた別記事で。)

っていうのは伝えた。

 

 

 

 

でもね、女子は女子で

「優しくしてって言ってるじゃない!怒」

とかならぬよう。笑

 

日頃から自分の生理前後の体調の特徴をつかんで

自分に優しくしておくこと。

 

自己犠牲的になるようなら、

<無理な日なんで>って自分で強制終了してうごかなくていい。

わざわざしんどくなる選択はしないでね。

 

そして

なにをどうして欲しいのか自分自身に明確にして

おねがいは、かわいくお伝えしてね。(生理のときに限らず)

男の人ってちゃんと聞いてくれる。泣

体感としてわからないなりに、理解はしようとしてくれるよ。

めんどくせー、ってなりつつも手を貸してくれるのは愛情表現だからちゃんと受け取って

出来るだけあったかくして休んでおくこと。

 

 

生理って、ただの毎月の現象だけじゃなくて

自分と相手と

自分と自分との

愛情をキャッチボールするきっかけになる結構大事な期間。

 

 

こどもに伝えるのに早いってことはないので

日々の暮らしの中に普通のこととして取り入れてみるのオススメです◎

 

正解はわからないけれど、男子との暮らしをしている我が家の場合レポートでした♪

 

 

とりあえず、血ぃの日のかあちゃんは、横になってるか足湯しまくってるか、です。笑