今、薪ストーブのあるおうちにお世話になっていて火のある暮らしに触れさせてもらってる。

 

旅先ではこんな風に薪暮らしとか畑してたり家畜がいたり、が多かったりする。

 

ガスも水道も電気もひいてないおうち、とかもあったな今年は。笑

 

 

 

エコな暮らし、スローライフ、サスティナブルライフ、農的暮らし、などなど、、、

 

19歳の頃出会った有機農家さんをかわきりにそういうものに興味を持って日本中の田舎を旅してた時期がある。

 

 

そこからは出来る限りでそういうのを小さく暮らしに取り入れてきたしなんでも手づくりできたらいいなあって思ってた。

 

 

 

が、しかし、、、、

 

 

30代になり、

 

あれ?なんか違う、、、って思い始めてしまって

 

なにこのココロとカラダとアタマのバラバラな感覚、、、、

 

ってのをずっと検証してた。笑

 

 

 

 

 

ボタン1つでお湯が出ること

蛇口ひねれば水が出ること

野菜も米もお肉もお魚も調味料もすぐ食べられるってこと

屋根も壁もあること

症状が治まるクスリがあること、、、、などなど

 

アンテナをはって旅に出たあの頃のわたしの感覚としては、ラクにそれを手に入れちゃいけない

ってどこか否定してた。

 

 

 

 

住み慣れた大都会東京は、なんだってあって、欲しいものはいつだって手に届く環境。

それを疑問持たずに当たり前に手にする人たちを、どこか斜め上から見下ろして

 

 

 

「わたし気づいちゃったんです」

 

 

ってな具合で意識高い系気取り。笑

 

 

あーやだやだ。恥ずかしいよぉ。笑

 

 

 

 

「実際、便利、ってそれはそれで最高だべ」

 

 

と今は身にしみる34歳。

 

っていうかね、便利ってカラダが楽。

 

それで落ちてる筋肉もあるんだろうし、むかしの人とはカラダの使い方も違う、つくりも違う、好みも違う。

 

 

 

で、

 

それで、よくない?笑

 

 

 

だって生きてるの現代だよ。

もうすぐ平成も終わっちゃうよ。

気になるなら別で鍛えたらいいし。笑

 

 

 

実はそう感じちゃってる自分に降参したら

あれれ、、、感覚が東京時代に戻っていくぞ、、、っていうのを5、6年前住んでた三重を出たあたりから感じてる。

 

 

 

でもね、そういう丁寧な暮らしも素敵だなあって思うのね。

 

実際、今つながりのある人たちの半分くらいはそういう自然と仲良くしながら丁寧な暮らしを実践してる人が多いし

 

 

行く先々で薪ストーブに当たらせてもらえたり

畑のお野菜食べさせてもらえたり

井戸水くませてもらったり子どもたちと一緒にほんとにほんとにいい経験をさせてもらってる。

 

 

でも

 

 

自分の暮らしとして毎日じゃなくていいかな。 

 

って今は思う。

 

本気でやりたい人がやればいいし

それがエッセンスとして、選択肢の1つとしてどこかに存在していたらいい。

 

 

まーしーてーやー

そういうことしてるのが上から見ることじゃない。

 

 

ライフスタイルって、みんなそれぞれだし、上とか下とか無くて

 

全部横並びに並んでる。

 

究極、好みの問題のような気がしてる。

 

環境問題とか、政治とかも、まあきっと問題挙げればキリがないんだろうし

 

こうした方がいい、って事はたくさんあるんだろうけど

 

育ってきた環境とか、そういうので呼吸のしやすいライフスタイルってきっと違うんだろうなと思う。

 

 

 

忘れちゃいけないのは、どれを選んでも

 

 

とにかく恵まれてるってこと。

 

 

 

選べる、ってすごいことだしね

買いたいものが買えたり、欲しいものが簡単に手に入るって当たり前なようでそうじゃないってこと。

 

 

 

でもそれを、ただただ、

 

ありがとう

 

ってラクに受けとってよかったのにね。

 

 

そして、便利な暮らしも、ちょっと手のかかる暮らしもどちらもそれなりに楽しめたらおトク。笑

 

ぐらいな感じで。

 

だから

自分で全部持ってたりしなくても、出来なくても、いいね。

 

むしろその方が適材適所でそれらを好きで選んでるひとたち、得意な人たちにスポットがあたる。

 

わたしの周りってこんなに豊かさとか恩恵が溢れてたって気づいてしまうもんね。泣

 

 

 

これ、逆パターンもあり得ると思う。

都会でバンバンお金使う生活が好きだと思ってたけど、田舎での農的暮らしの方がしっくり来ちゃうひと。笑

 

 

どっちでもいいんだよね。

気がすむまでやってみて、そうしつつ、今のわたしの魂が喜んでるかなって自分の感覚にお伺いたててみればいいし

 

(もしかしたらサイクルで流動的に変わる可能性もある。)

 

好きって思いたくて盲目になってしまってること

 

あたまで思う

「これをした方がいい」を大事にしちゃってて

 

ほんとはこうしたい

これが心地いい

 

を置き去りにしちゃうこと

 

あるもんね。

 

麻痺しちゃってるの。

 

(あーなんだか恋愛のよう。笑)

 

だってたまにでくわす、、、7代先のために、とか持続可能でありたいってこの暮らしを選んだって言いながら目が死んでるひと。カラダぼろぼろになってるひと、、

(過去のわたしも近いものがあるぞ!爆笑)

 

 

 

ほんとはどんな風に暮らしたい?

どんな気持ち大切にしたい?

どうしてたら心地いい?

心地悪い?

感覚と思考がバラバラになってない?

 

 

たまに感覚研ぎ澄ませて、棚卸ししてみても面白いですよ◎

 

真逆の暮らしへの願いがつまってたりして!笑

 

どっちでもいいし、なんだっていいし

選べる豊かさうけとろう、許可しよう。

 

もう、好きなので、ラクなのでいいって。

にしししし。笑