《おいしいものづくりとしてできることお仕事一覧》

●らくだのおやつ、パン教室●

人気のざくざくスコーンや、しっとり果物ケーキをみんなで作りましょう。
作ってみると思っているよりとっても簡単!
おやつ作りの楽しさにハマる時間です。

(乳製品、卵、白いお砂糖不使用です。)

所要時間……約3時間
参加費………3500円(レシピ、材料費、お持ち帰りおやつ込み)

※出張の場合は別途交通費
定員応相談、最少催行人数4名でお申し込みくださいませ

●らくだのおやつ出店、教室情報●

2018年6月出店情報

・6/10(日)京都 一乗寺マヤルカ古書店 「箱庭2ndアルバム「ふたび」リリースライブ」☆ライブゲスト出演もあり
Facebookイベントページ

・6/16(土)三重 熊野 「大きな木の下で音楽会&ミニマルシェ 」☆ライブ出演もあり
Facebook イベントページ

・6/23(土)
和歌山県橋本市「なりゆき屋工房」にスコーン教室14:00から

6名定員のすでに残1名ですのでおはやめに!

●季節の食材を使ったかんたん料理教室●

レシピをみて、たくさん調味料があると作る気を失う方向け。
シンプルな味付けでいろんなバリエーションができる簡単レシピをおすそ分けします。

所要時間……約3時間
参加費………3500円(レシピ、材料費込み)

※出張の場合は別途交通費
定員応相談、最少催行人数4名でお申し込みくださいませ

お仕事のご依頼、お問い合わせは
soushokuoyatsu.rakuda@gmail.com

《おいしいものづくりヒストリー》

小さいころ

おばあちゃんがトントンと包丁でリズムを刻んだ食材がいろんなおかずになっていくさまを眺めていたら

魔法のような、実験室のようなわくわくでいっぱいになりました。

小学生のころ卵焼きのフライパンを買ってもらってみんなに食べてもらうことから始まって

気づけば台所が好きで、もくもくと作るのが好きで、食べてもらうのが好きになりました。

でもでも一番はきっと

食べることが好き。笑

「おいしいものを食べるってしあわせに生きる」ことなんだって

おいしいを共有する時間にたくさん教えてもらってます。

2015年11月

パンを焼いてほしい

という声から、焼き始めたら面白くなって空き家を改装して工房を構えました。

10代のころ製菓学校を出て、パン屋やお菓子屋で働いてはみたものの修行らしい修行をしたことのないこのわたしが、、、笑

でも、なんだか面白い、やってみたい

から始めた「パンとおやつの店らくだ」では

長男のアレルギー、アトピー時代にいろいろ作っていたお菓子をもとに

乳製品、たまご、白砂糖不使用の天然酵母パンとおやつを並べて

毎週木曜日の午後3時からというパン屋の常識を全く無視した開店時間。

さらには、営業日に工房に立って気分が乗らなければお店をあけないと決めて営業していました。

それでもお店を開ければ次々にお客さんが訪れて閉店の午後6時半を待たずとも看板をしまうことがほとんど。

ありがたいことでした。

2017年5月

開店してたったの2年(実質2年もたってません)

店舗販売を辞めました。

理由はただ単に、やめたくなったから、です。

各地への音楽活動を並行しながら送っていた夏の終わりに

「人気だったメニューのレシピ、作り方をどんどん手わたそう」

と思いつき、パンとお菓子の教室を始めました。

工房、その他各地、県外でも呼んでいただければ材料とともにどこへでも向かって

ワイワイと教室をしています。

同じレシピをいろんな方の手で作るのでそれこそ実験室のよう。

焼きたてのパンやおやつを頬張りながらみんなでシェアする時間はとってもしあわせです。

現在

各地、工房での教室のほか

イベント出店もたまーにしています。

音楽活動をしているのでそこに持って行くことがメインで

おやつを中心に焼いていきます。

突然焼きたくなった時はfacebookなどでお知らせして発送することもあります。
フォローのほどよろしくお願いします◎

パンはこねる気力体力があるときだけにすることに。

なんにせよ

焼きたい!って衝動的に身体が感じたときに身をまかせて工房から突然いい香りが漂いはじめます。

わたしにとってこの《食》のお仕事は

つくりたい、という気持ちの先にある

おいしいはしあわせ

の景色を見るためのツール。

「焼きたい時に焼いてね、それを食べたい」

とご予約くださる方がいたり

このスタイルに理解を示して共感してくださるお客様に恵まれて嬉しい限りです。